成増の不動産屋タカスミコーポレーションの担当者三井からのご挨拶です

成増の不動産屋タカスミコーポレーションの「三井」からのご挨拶

 初めまして、タカスミコーポレーションの三井と申します。

 わたしがこの業界に来て早15年ちょっと。ずいぶんと時代が変わりましたね。まともな売り物はほとんど市場に出回りませんし、賃貸にいたっては「超」が付くほどの「借り手市場」!
 2000年当初は、今から思うとスゴイ良い時代でした。と嘆いても仕方ないですね。





 わたしはこの業界に来る前は全く違う業界に居ました。色んな事情でこの不動産業界に入って来ましたが、転職した当時の不動産業界のわたしのイメージと申しますか本音をぶっちゃけて申し上げますと「ヤクザな最悪な業界」でした!笑


 そのイメージ・・・遠からず全く外れてもいない部分も多少ありましたかね?でも今は昔に比べれば不動産業界もずいぶんと良い方向に変わって来たようです。

 でもいまだに旧態依然とした慣習がまかり通る辺りは変わらなければいけない部分も多々残っているようです。



 
 わたしは全くの異業種からの転職組でしたから不動産の知識なんて全くありませんでした。そして最初に感じたのが不動産業界ならではの金銭感覚。以前わたしの居た業界とはお金のケタが一つも二つも違うので金銭感覚に慣れるのに苦労しました。


 それと一般の方々が不動産屋と接する機会が少ないのにもかかわらず、不動産屋の営業マンってお客さんに対して「こんなことも知らないの?」みたいな感じで接しているように思いました。悪い言い方をすると「お客さんをナメている」ような感じです。





 そんな営業マンにはなりたくないなぁと思いつつ、振り返ると15年以上もこの業界に居着いてます。なるべくお客さんの目線に立てるようにしたいと思い今日まで来ました。





成増に限らず大手の不動産屋には絶対にかないません!



 成増にも色んな大手の不動産屋さんがありますよね。正直申し上げてわたし共のような小さな、吹けばすっ飛ぶような不動産屋は色々な面でどうあがいても大手の不動産屋にはかないっこありません!でも小さい会社だからこそ出来ることも有ると思ってます!





 例えばトラブルなどの会社に都合の悪いことがあったときって大手の不動産屋は「担当が変わりました」とか「担当が移動になりました」なんて言って逃げることが出来ますが、わたし共の会社は逃げられません。なにせわたしと代表の2人しか居ませんから!笑。良いことも悪いことも全てお客さんと一緒に共有しないといけません。


 良い言い方をすれば「親身になってお客さんと向き合える」と言うことでしょうか?他の所でも書いてますがわたしも代表もあまり「ギラギラ」していないと思いますので、ジックリと不動産のことを語りましょう!笑





売買でも!賃貸でも!お客さんの立場に立てるように


 「お客様第一主義!」っていうのは簡単ですけど、どう言うことが「お客様第一主義」なのか?究極の理想を言うならば「お客さんが求めている掘り出し物の不動産をすぐに見付けて来る!」とか「大家さんから預かっている賃貸のマンションやアパートの空室をすぐに満室にする!」ということが本当にお客様が喜ぶことでしょう。


 会社の売り上げや自分の歩合を考えたら目の前のお客さんに「契約してください!」とか「買ってください!」って言わなきゃいけない時もあります。でもそれって真の「お客様第一主義」じゃないですよね?手数料が欲しいから契約してもらうのか?自分の生活を豊かにするために契約してもらうのか?





 至極当たり前のことですが売れないよりは売れた方が良いに決まってます。でもまずはお客さんの利益を第一に考えないとマズイのでは?年収の少ないお客さんにキッツキツの返済計画でローンを組んでまでして売りつけても良いのか?あまり気が進んでいないようなお客さんに自分に都合の良い賃貸マンションを進めても良いのか?


「いま決めないとこの物件は無くなりますよ」なんてシレッとウソを言っても良いのか?

「いつ買うか?」・・・「今でしょ!」なんて言わせるようなセールストークがまかり通って良いのか?





 しかしその反面、お客さんが「100%納得する物件」は絶対に有りません!!!

 もう1回言います。「100%気に入る物件」は絶対に見付かりません!!!

 でも「この物件なら良いんじゃない?」っていう及第点の物件はいつか必ず出て来ます。その気持ちが芽生えたときが「決め時!」なんです。

 会社の売り上げや自分のフトコロ勘定は関係無いのです!お客さんが「この物件なら良いかもしれない!この物件なら欲しい!」って思った時が「決め時!」なんです。その決め時を見付けられるように一緒にガンバりましょう!





 わたくし『担当者「三井」のプロフィールページ』です。


▲ページトップに戻る